屋根葺き替え工事
 
屋根の葺き替え工事は家の見た目はもちろんのこと、家の耐久性、耐震性の
維持、向上にも非常に有効な工事です。

しかしながら、屋根の葺き替え(軽量化)が家の耐久性、耐震性の向上に
最適な方法かどうかは家の軸組み(壁、柱、筋交い、基礎、土台等)に
よって異なります。

特に昭和56年5月以前の古い耐震基準で建てられた家は、現在の耐震基準を
満たしていない場合があり、屋根の葺き替え(軽量化)だけでは耐震性の向上
が不十分になる場合があります。

 
    なぜ屋根を葺き替えるのか
 
 
屋根葺き替え工事をご依頼いただいたお客様の屋根を葺き替えた理由
 

第1位 屋根材が古くなってきたから
     
     屋根材の劣化が原因で雨漏りがしてきた。
     屋根材が古くなり汚くなってきた。
     など築30年以上で屋根葺き替えを考えられるお客様が
     一番多いです。
      
 
第2位 地震が怖いから

     阪神淡路大震災、東日本大震災等の大規模な地震の影響で
     屋根は軽いほうが地震に強いと考えられ、スレート系屋根材、
     金属系屋根材などの軽量屋根材に葺き替え。
 

第3位 もう塗装でお金を使いたくないから

     スレート系屋根材、金属系屋根材で10年~20年ごとに
     屋根材の塗装をされていて、その都度費用が掛かる為に
     再塗装の必要のない瓦への葺き替え。
 

第4位 屋根に太陽光発電のパネルを設置したいから
 
     近年増えてきているのがこの理由です。
     パネルの設置方法にもよりますが、架台を設置するのに
     屋根材、野地板の耐久性が問題になることがあり
     屋根葺き替え、野地板補強をされることが多くなりました。
      
 
第5位 ご近所、友人が屋根を葺き替えたから

     同じような築年数の家の屋根葺き替えを見て
     ご自分の家の屋根葺き替えを考えられるケースもあります。
  
 
 

    何に葺き替えるのか
 
 
屋根葺き替え工事をご依頼いただいたお客様の選ばれた屋根材
 
第1位 陶器防災平板瓦 
 
     
和瓦から葺き替える場合は多少軽量化になる。
     防災機能があり耐震性、耐風性に優れている。
     デザイン的に和風、洋風どちらに家にも似合う。
     新築の屋根に多く葺かれている。

 
 
第2位 スレート系屋根材

     
なんといっても軽さで選ばれるお客様が多い屋根材です。
     弊社の取り扱い屋根材のなかでは一番施工価格が安い
     ことも選ばれる理由の一つです。


第3位 KMEW ROOGA

     
2007年にKMEWが開発した新素材の屋根材。
     瓦のような厚みがありながら瓦の半分以下の重量。
     太陽光発電パネルを設置されるお客様で選ばれることも多いです。
     年々取扱いが増えてきています。


第4位 和瓦
     
     弊社の屋根葺き替え工事は和瓦からの葺き替えが一番多く。
     「今と同じ瓦がいいから」「やっぱり瓦が一番いいから」
     といった理由で、現状と同じ瓦を選ばれるます。


瓦の種類、屋根材の種類は瓦選びのポイントをご覧ください。

 
    どのような工事なのか
  
 
屋根葺き替え工事の流れ
  
1.屋根診断 調査
   雨漏りや屋根材の傷み具合等を入念に点検、調査し必要な補修の
   内容を検討します。



2.プランニング・お見積
    屋根診断結果から最適な屋根材、施工方法をご提案させていただきます。

         

3.古い屋根材の撤去
   足場、養生シートの設置など周辺環境、安全に配慮し迅速に
   撤去します。

 


4.下地材、屋根材の施工
   屋根材を撤去したうえで再び入念に傷み具合を点検。下地が痛んでいる
   場合は補修した後、屋根材を施工します。



5.完成・アフターフォロー
   すべての工事が終了しましたら、お客様に不備がないか確認して頂き
   満足して頂いたうえで完成です。
   その後定期的な診断、アフターメンテナンスも万全に行います。




    いくらぐらいかかるの?
 
 
現状葺かれている屋根材、新しく葺く屋根材、屋根形状等で屋根葺き替えに
必要な費用は変わってきます。
 
詳しくは屋根葺き替え工事施工価格をご覧ください。